毛穴解消

肌の毛穴の保湿の方法について

肌にとって大切なのが保湿です。ですが、ただ化粧水を塗ったり乳液を塗ったりしてればいいというものでもありません。毛穴等の構造やメカニズムをよく理解した上でケアを行うとより高い効果が望めるようになります。まず、肌には多くの毛穴があります。その中には毛根、そして皮脂を分泌する皮脂腺が存在します。皮脂は多く分泌されると顔が脂ぎったように見え、そして分泌された穴の中で剥がれた角質と一緒に詰まると黒ずみの原因となってしまうものです。

 

かと言って、皮脂は悪いものではなく、肌を滑らかにする為に欠かせないもので、皮脂の分泌が減ってくると肌がカサつく原因になっていきます。10代、20代の頃はこの皮脂の分泌が盛んで、それを洗い流す必要がありますが、30代を超えるとどんどん分泌が減り、今度は必要以上に流さず、保湿を心がける必要が出てきます。洗顔ではまず蒸しタオルなどで毛穴を開き、その中の皮脂を洗い流していく事が重要になります。

 

ですが洗い流し過ぎると乾燥肌になるだけでなく、足りなくなった分を更に分泌する事になり、悪循環になるので注意が必要です。その為にはゴシゴシこするのではなく、しっかりと洗顔料を泡立て、きめ細かい泡でこすりすぎないように優しく洗うのが有効です。そして、その後は洗顔料が残らないように綺麗に洗い流しましょう。その後、保湿に入るのですが、毛穴がしっかりと開いているうちに行う事が大切になります。

 

そして、せっかく洗った毛穴に雑菌などが入る前に化粧水などを塗り、浸透させていく必要があります。化粧水を浸透させていく方法は、コットンなどにしっかりと含ませ軽くたたくように浸透させてく、もしくは手にたっぷりと取り押し込むように浸透させていく方法があります。どちらもたっぷりの化粧水を使う、それが保湿にとって大切なことになってきます。その後に、更に乳液などを塗り、浸透させた化粧水をしっかり閉じ込めるように乳液を塗るとより保湿効果が高まります。